中田植youtube

夏至の日の田植祭り、近津神社の中田植。

大子町下野宮、近津神社の中田植(ちゅうだうえ)です。

中田植、見慣れぬ名前かもしれませんが、毎年夏至の日に行われてきた田植祭です。

当日レポート記事もありますのでどうぞ(6月28日アップ)。

大子町Youtubeより

二十四節気の中にあたり、昔の田植え時期のほぼ半ばにあたることから、この名前がついたといわれているそうです。

※二十四節気(にじゅうしせっき)とは、節分を基準に1年を24等分して約15日ごとに分けた季節のことで、1ヶ月の前半を「節」、後半を「中」と言います(HP日本文化いろは辞典より)。

この中田植ですが、その発祥は判然としないそうです。水戸光圀の言い伝えがあることから、江戸時代の前中期にはすでに存在していたといわれています。

注連縄(しめなわ)が張られた神田。太鼓や笛に合わせた田植歌のうたわれる中を、早乙女(さおとめ)達が苗を植えていきます。

しかも、この日は一般のお客様も自由に参加できます。

ご利益がある!と評判のお祭り。

五穀豊穣、家内安全、無病息災などを祈願しながら、参詣、参加してください。

他にもはしかよけなど、さまざまないわれがあるようです。

詳しくは、大子町文化遺産ホームページもどうぞ。


 

さて、今年の中田植も、内容盛りだくさん。

ご利益があった!と田植に参加するだけではもったいない!

町外の人も時間たっぷりに楽しめるイベントになっています。

 

まず中田植前日、21日(日曜日)は18時から近津神社境内で宵灯籠。

保存会の方々が作成した竹灯籠が、まるでタイムスリップしたかのように幻想的(*´ω`)

前日のイベントから参加がぜひおすすめ!

中田植宵灯籠

 

 

 

 

そして、当日22日(月曜日)

・朝市 9:00~ 売り切れ次第終了

・前日の竹灯籠プレゼント

・常陸牛ステーキ販売!

・奥久慈しゃものあぶり焼き販売!

・餅つき

・豚汁無料配布!

他にも投げ餅や中田植記念はがき販売も!

中田植リーフレット