by daigo-omiya.com

フランス料理への愛情、レストラン ラ・ラヴァンドゥ。

常陸大宮市、

旧道沿いの駅近く、レストラン ラ・ラヴァンドゥ。

 

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

ゆったりとられたスペース、

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

 

真っ白な空間に、お店の名前でもあるラヴェンダー色のクロスが映えます。

 

フランス料理を純粋に楽しんでほしいというオーナーシェフの思いが伝わってくるような空間です。

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

フランス料理に魅せられたのは、10歳のころに食べたフランス料理と言う、筋金入りのシェフです。

 

辻調グループの東京校からフランス校へ進学、

帰国後は、

コートダジュール・ミクニズ(現ミクニ横浜)、

オーベルジュ・デ・マロニエ、

そしてモンモランシーではオテル・ドゥ・ミクニの初代副料理長だったシェフの下で長年修行、

2011年念願のラ・ラヴァンドゥを開店させました。

 

 


 

ラ・ラヴァンドゥ、

メニュー表がありません。

お電話でご予算と苦手なものをお伝えください。

 

メニュー表なし聞くと身構えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、

心配はいりません。

予約が必要なのは、お客様のためにできる精一杯の準備をして、

誠意を込めたおもてなしをしたいから。

 

ご馳走(ごちそう)とは、お客のために馬を走らせ、食材を集めたことが語源。

シェフが良い食材を求めて駆け回り、培ってきた最高の技術で、お客様に合ったご馳走を提供してくれるのです。

 


 

今回はランチフルコースをいただきました。

 

オードブル

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

 

「瑞穂牛のカルパッチョと地元野菜のたき合わせ」

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

瑞穂牛のもも肉をしょうゆベースで。

ジュレはかつおだしがきいて、お肉のボリュームがあっても重すぎず、さっぱりと味わえます。

野菜は地元のもの。

 

ナスタチウム、ボリジ、レッドソレル、ビーツ…

鮮やかな飾りつけの花は、シェフ自らが育てたものです。

 

「アカムツのアクアパッツァ」

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

アカザエビとアサリのだしたっぷりのスープ。

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

アカムツ(ノドグロ)は、日立市の川尻でシェフ自らが仕入れたもの。

うりずん豆も地元産です。

 

 

パンもシェフ自らの手作り。

 

外はカリカリ、

中はふんわり。

ライ麦のいい香りがします。

 

 

「瑞穂牛のほほ肉の赤ワイン煮」

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

常陸牛の認定を受けた良質な瑞穂牛。

数日間赤ワインに真空状態で漬け込んだものを煮込みます。

 

煮汁はつぎ足して使われます。

香味野菜と赤ワイン、肉汁が閉じ込めれたお店の歴史です。

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

 

表面はバターでソテー。

最初の食感はカリッと、

あとから煮込まれたやわらかいお肉がほぐれていきます。

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

 

「ラズベリーのムース」

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

ソースはラズベリー、ブルーベリー、レッドカラント。

シャーベットはラズベリーとウチワサボテンの実。

 

最後はコーヒー、または紅茶。

 

新たな発見のたくさんあった、

大満足のコースでした。

 

3,500円のランチコース
上記はメニューの一例です

 


 

もう一品、

シェフこだわりの梅山豚の生ハムを使った料理をいただきました。

 

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

梅山豚(めいしゃんとん)は日本では年間100頭ほどの飼育しかない希少な豚。

茨城県猿島郡境町の塚原農場で飼育されたものです。

最低でも20ヵ月は熟成させます。

 

 

「梅山豚の生ハムといちじくと洋なしの盛り合わせ」。

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

生ハムはナッツのような深い香り、とろけるような食感。

いちじくや洋なしのさわやかな甘みが豚のうまみを引き立てます。

パンはレーズンパン、

ほのかな甘みがよく合います。

梅山豚の生ハムといちじくと洋なしの盛り合わせ
800円

 


 

フランス料理をまっすぐにとらえ、

情熱をもって食材を調理をする。

食材の確かさと技術もさることながら、

フランス料理に対する深い愛情が心を打ちます。

 

予算と日にちが決まったら、シェフにご相談ください。

きっと最高のご馳走に出会えます。

 

DATA

・レストラン ラ・ラヴァンドゥ

・営業時間 11:30-15:00  最終入店(13:30)

17:30-  最終入店(20:00)

・定休日 不定休

・住所 茨城県常陸大宮市南町1144-6

・電話 0295-52-1789

 

menu

ご予約時に、ご予算と苦手なものをお伝えください。

ランチフルコース 2,500円、3,500円、5,000円~
ディナーフルコース 5,000円、6,000円、8,000円、10,000円、12,000円
ベルギー産ノンアルコールワイン 350円、ボトル1,800円
ハウスワイン 700円~、ボトル4000円~
個室利用 ルームチャージ7,000円

または10,000円以上のコースご注文

 

map