タグ別アーカイブ: こども

「マル」から始まる成長、こどもアトリエMARU。

常陸大宮市辰ノ口、

こどもと一緒にまなぶアトリエ空間、こどもアトリエMARUにお邪魔しました。

 

辰ノ口の風景に現れる建物。

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

モダンですが、

周囲の景観に不思議と調和したアトリエ。

 

そして中も広々。

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

「こどもの美術教室」と伺いましたが、

この本格的なアトリエ。

 

それもそのはず、

実はこの空間、

画家であり、

明星大学教育学部の教授でもある野沢二郎先生のアトリエなのです。

(アドバイザー(お父ちゃん先生?)としても、MARUに関わり、時々作業なども手伝っているそうです)

大学に出かけている平日を使ってアトリエを教室として開放されているのです。

 

講師は奥様の野沢由美先生。

武蔵野美術大学卒業後、文具デザイナー、県立高校・中等教育学校の美術講師などを経て、「こどもアトリエMARU」を開設。

 

 

「こどもアトリエMARU」は、美術と教育に造詣の深いご夫婦がこどもたちの成長を願って設立した教室なのです。

 

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 


 

こどもアトリエMARUの対象は小学1年生から6年生まで。

ですが、私たちが思い浮かべるようないわゆる絵画教室ではありません。

 

そもそもはお子さんに「絵をかくこと」、「何かをつくること」をおもいきり楽しんでほしいとはじめました。

 

遊びの中から学んだり、自然の中から学んだり、

作りとげることで達成感を得たり自信が持てるようなったり、

友達と作品を作ることでお互いを認め合ったり、

こどもの成長に寄り添っていくアトリエなのです。

 

だから題材も様々。

 

ザリガニを捕まえてきて絵にしたり、

周りの花や草を描いたり、

 

 

段ボールカーやねん土などなど。

こどもたちの作品の数々。

 

 

お預かりした写真を見ているだけでも、わくわく楽しくなってきます。

 

「自由な発想でのびのびと」、

「ひとりひとりの個性を大切に」、

よく耳にするフレーズですが、

いつの間にか決まりきった色づかいになってしまったり、

アニメやキャラクターの影響を受けたりと難しいものです。

 

こどもたちそれぞれ味のある作品。

目の前にあるものをよく見て、

頭に浮かんだ自分の気持ちをしっかり見つめて、

試行錯誤して一生懸命に作ったものだというのが伝わってきます。

 

そして、

入念に計画を立て、事前準備をし、

現場では子供たちの反応を見て、それぞれの目標へ導く、

教育のプロ指導者が支えているからこそ、

それぞれの個性、力が引き出せるのだと感じました。

 

教室は、

水曜または木曜の16:45-18:30。

(水曜・木曜の内容は同じです)

それぞれ10名程度の定員ですので、若干名募集です。

 

こどもアトリエMARU 水曜教室 または 木曜教室
年間42回実施予定
入会金/ 2,500円(クレヨンセット、絵具セット含む)

2年目以降は年度初めに1000円

月謝/ 4,000円 (兄弟2人目は3,500円)

材料費は別途徴収

 


 

ところで、

MARUという不思議な名前が気になっていたのですが、

由来がリーフレットにありました。

生まれて1年、やっとひとり立ちして歩けるようになったこども。言葉はまだまだ話せません。とても不思議なことに、そういうこどもが「絵」のようなものを描き始めます。その絵は、たたきつけるような点やグチャグチャの線です。こどもはそのようななぐり描きをうれしそうに続けます。そうして、ぐるぐる回るような線が現れ、こどもの手がだんだん自由に動くようになり、2歳を過ぎたころ、紙の上の線はぐるっと回って、はじめの場所にきれいに戻ってきます。それは「マルの発見」とも呼ばれるほど大きな出来事です。その時、こどもはマルを「生きているもの」と考えるのでしょうか。時にはマルを「おかあさん」などと呼びながら描きます。しだいにマルの中に目のような二つの点が現れ、足のような2本の線が生え出します。こどもが人間の絵を描き出します。

~こどもアトリエMARU リーフレットより

 

絵が上手になることが目的ではありません。

こども自らが「発見」を積み重ね、

こどもの心の中に大切なものが育っていくのです。

 

小学生のお子様をお持ちの方、ぜひご相談ください。

 

by daigo-omiya.com
MARUくん by daigo-omiya.com

 

 


 

DATA

・こどもアトリエMARU

・営業時間 水曜・木曜 16:45-18:30

・住所 茨城県常陸大宮市辰ノ口2262-2

・電話 0295-52-0254

・Facebook こどもアトリエMARU Facebook

 


menu

menu 月謝
水曜教室 または 木曜教室  年間42回実施予定 4,000円※
ハロウィンやクリスマスなどイベントもあります

※入会金2,500円(クレヨンセット、絵具セット)、2年目以降は年度初めに1,000円。材料費は別途徴収します。

 

map

 

常陸大宮市子育て応援商品券利用締切

○商品券名 常陸大宮市「子育て応援商品券」

○給付対象者 平成27年4月1日時点で、常陸大宮市内に住所を有する15歳以下の児童と同一世帯に属する保護者で申請書の提出があった方

※該当者には5月に申請用紙を送付しています。

○給付 申請者に対し、6月下旬に商品券を送付します。

○利用期間 平成27年7月1日から平成27年10月31日

※のぼり旗、ステッカーのある取扱店で利用できます。

toiro、夏休み手芸教室にお邪魔しました!

先日ご紹介した常陸大宮にオープンした雑貨店、toiro。

toiro by daigo-omiya.com
クリックでtoriro記事へ toiro by daigo-omiya.com

看板も設置です!

シンプルで雰囲気に合っています。

 

 

 

そのtoiro、夏休みを利用した手芸教室が行われるとのことで、お邪魔させていただきました!

作るのはどうぶつのポケットティッシュカバー!

toiro by daigo-omiya.com
toiro by daigo-omiya.com

 

 

 

 

 

 

色とりどりの手芸用品。

いざやろうとしても、なかなか材料や用具がそろわないもの。

これだけ材料がたくさんあると、あれこれ想像がふくらみそうです(*’▽’)

 

toiro by daigo-omiya.com
toiro by daigo-omiya.com

慣れてなくてももちろん大丈夫。

店長の岩上さんがていねいに教えてくれます。

 

 

 

toiro by daigo-omiya.com
toiro by daigo-omiya.com

 

楽しそうに作ってますね。

 

 

 

 

toiro by daigo-omiya.com
toiro by daigo-omiya.com

今回参加した男の子、たくさんの作品を見るうちに想像力が爆発。

耳つきがかわいい動物のポケットティッシュカバーですが、耳なしで!

 

 

 

toiro by daigo-omiya.com
toiro by daigo-omiya.com

 

不慣れだった手つきもだんだんさまになってきました^_^

 

 

 

toiro by daigo-omiya.com
toiro by daigo-omiya.com
toiro by daigo-omiya.com
toiro by daigo-omiya.com

 

耳なしポケットティッシュカバー、外枠は完成!

 

 

 

あとは飾り!

ボタンやビーズ、いろいろありますがボタンをチョイス。

 

 

toiro by daigo-omiya.com
toiro by daigo-omiya.com

完成!

独特なボタンの配置。

デザインの由来は出席番号7番から!懐かしい!

 

右側はお母さまの作品、さすがです。

作品を作った後も、針山でケーキを創作!

toiro by daigo-omiya.com
toiro by daigo-omiya.com

 

 

 

 

 

 

こどもの創造力、とどまるところを知りません。

絵のお土産も残していってくれました(*´ω`)

toiro by daigo-omiya.com
toiro by daigo-omiya.com

 

 

 

 

 

 

終わったあとは、念願のかき氷。

あっという間の2時間弱。

夏休みの1ページ、楽しかったですね!

toiro by daigo-omiya.com
toiro by daigo-omiya.com

 

 

 

 

 

 

なつやすみ、toiroのこども手芸教室。

まだやっています。

手芸に親しみたいお子さんはもちろん、自由研究にも。

詳細は下記からお問い合わせください。

toiro手芸教室

toriro 記事はこちら

御前山親子ふれあい映画会

○日時 7月31日(金) 開場17:30 開演18:00

○内容 マジック・ツリーハウス

○場所 御前山市民文化センター大集会室

○入場料 無料

○座布団などをお持ちください。読み書かせ、おはなし会も行います。

○お問い合わせ 青少年育成常陸大宮市民会議御前山支部事務局

0295-55-2116

キーホルダー作りをしよう

★おもしろ理科先生がやってくる!

○日時 7月25日(土)10:00-12:00

○場所 常陸大宮市図書情報館2階 視聴覚室

○講師 飛田 隆久先生

○対象者 常陸大宮市内在住の小学生(保護者同伴化)

○募集人数 30名(先着順)

○申し込み方法 7月1日(水)から図書情報館に直接お申し込みください。(申し込みできるのは家族分のみです)