タグ別アーカイブ: 常陸大宮市

フランス料理への愛情、レストラン ラ・ラヴァンドゥ。

常陸大宮市、

旧道沿いの駅近く、レストラン ラ・ラヴァンドゥ。

 

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

ゆったりとられたスペース、

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

 

真っ白な空間に、お店の名前でもあるラヴェンダー色のクロスが映えます。

 

フランス料理を純粋に楽しんでほしいというオーナーシェフの思いが伝わってくるような空間です。

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

フランス料理に魅せられたのは、10歳のころに食べたフランス料理と言う、筋金入りのシェフです。

 

辻調グループの東京校からフランス校へ進学、

帰国後は、

コートダジュール・ミクニズ(現ミクニ横浜)、

オーベルジュ・デ・マロニエ、

そしてモンモランシーではオテル・ドゥ・ミクニの初代副料理長だったシェフの下で長年修行、

2011年念願のラ・ラヴァンドゥを開店させました。

 

 


 

ラ・ラヴァンドゥ、

メニュー表がありません。

お電話でご予算と苦手なものをお伝えください。

 

メニュー表なし聞くと身構えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、

心配はいりません。

予約が必要なのは、お客様のためにできる精一杯の準備をして、

誠意を込めたおもてなしをしたいから。

 

ご馳走(ごちそう)とは、お客のために馬を走らせ、食材を集めたことが語源。

シェフが良い食材を求めて駆け回り、培ってきた最高の技術で、お客様に合ったご馳走を提供してくれるのです。

 


 

今回はランチフルコースをいただきました。

 

オードブル

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

 

「瑞穂牛のカルパッチョと地元野菜のたき合わせ」

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

瑞穂牛のもも肉をしょうゆベースで。

ジュレはかつおだしがきいて、お肉のボリュームがあっても重すぎず、さっぱりと味わえます。

野菜は地元のもの。

 

ナスタチウム、ボリジ、レッドソレル、ビーツ…

鮮やかな飾りつけの花は、シェフ自らが育てたものです。

 

「アカムツのアクアパッツァ」

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

アカザエビとアサリのだしたっぷりのスープ。

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

アカムツ(ノドグロ)は、日立市の川尻でシェフ自らが仕入れたもの。

うりずん豆も地元産です。

 

 

パンもシェフ自らの手作り。

 

外はカリカリ、

中はふんわり。

ライ麦のいい香りがします。

 

 

「瑞穂牛のほほ肉の赤ワイン煮」

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

常陸牛の認定を受けた良質な瑞穂牛。

数日間赤ワインに真空状態で漬け込んだものを煮込みます。

 

煮汁はつぎ足して使われます。

香味野菜と赤ワイン、肉汁が閉じ込めれたお店の歴史です。

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

 

表面はバターでソテー。

最初の食感はカリッと、

あとから煮込まれたやわらかいお肉がほぐれていきます。

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

 

「ラズベリーのムース」

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

ソースはラズベリー、ブルーベリー、レッドカラント。

シャーベットはラズベリーとウチワサボテンの実。

 

最後はコーヒー、または紅茶。

 

新たな発見のたくさんあった、

大満足のコースでした。

 

3,500円のランチコース
上記はメニューの一例です

 


 

もう一品、

シェフこだわりの梅山豚の生ハムを使った料理をいただきました。

 

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

梅山豚(めいしゃんとん)は日本では年間100頭ほどの飼育しかない希少な豚。

茨城県猿島郡境町の塚原農場で飼育されたものです。

最低でも20ヵ月は熟成させます。

 

 

「梅山豚の生ハムといちじくと洋なしの盛り合わせ」。

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

生ハムはナッツのような深い香り、とろけるような食感。

いちじくや洋なしのさわやかな甘みが豚のうまみを引き立てます。

パンはレーズンパン、

ほのかな甘みがよく合います。

梅山豚の生ハムといちじくと洋なしの盛り合わせ
800円

 


 

フランス料理をまっすぐにとらえ、

情熱をもって食材を調理をする。

食材の確かさと技術もさることながら、

フランス料理に対する深い愛情が心を打ちます。

 

予算と日にちが決まったら、シェフにご相談ください。

きっと最高のご馳走に出会えます。

 

DATA

・レストラン ラ・ラヴァンドゥ

・営業時間 11:30-15:00  最終入店(13:30)

17:30-  最終入店(20:00)

・定休日 不定休

・住所 茨城県常陸大宮市南町1144-6

・電話 0295-52-1789

 

menu

ご予約時に、ご予算と苦手なものをお伝えください。

ランチフルコース 2,500円、3,500円、5,000円~
ディナーフルコース 5,000円、6,000円、8,000円、10,000円、12,000円
ベルギー産ノンアルコールワイン 350円、ボトル1,800円
ハウスワイン 700円~、ボトル4000円~
個室利用 ルームチャージ7,000円

または10,000円以上のコースご注文

 

map

 

 

体験する農業で暮らしを知る、Farm&kitchenへへへ。

 

常陸大宮市上小瀬(旧緒川村)のFarm & kitchen へへへさんにお邪魔しました。

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

大学では農業経済を、

就職先も農業関連。

 

順調に農業畑を学ばれたへへへさん、

私たちからすればすでにスペシャリストですが、

実際の農業体験はありませんでした。

 

ひとりひとりの食にも携わることになる農業

自分の手で作らなければ納得できないと一念発起、

常陸大宮、旧緒川村の地に新規就農、

今年で8年目になります。

 

その8年目の今年、

新たに立ち上げたのが Farm&kitchen へへへ

 

飲食店、カフェではありません。

「体験型」の農業。

 

もともと農業畑にいたFarm & kitchen へへへさんですら、

自らの手で作ってみなければ分からないと考えたように、

私たちの生活は、農業体験から遠く離れたところにあります。

 

農村地域の大子、常陸大宮で暮らす私たちですが、

スーパーやコンビニが当たり前になった今、

野菜と言えば、お店で売っているものという認識ではないでしょうか。

 

田や畑を見ても、それは見慣れた風景の一部であって、

普段口にしているものが、その田や畑でとれたものだということは、

頭ではわかっているものの、

どんどん現実味を失っているように感じます。

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

健康志向や食育などのキーワードはよく聞かれますが、

私たちがふだんの暮らしの中で食べているものはどんなものなのか、

どのように育てられ、収穫され、調理されて、私たちの口に入るのか。

 

シンプルですが、その当たり前だったはずのことを提供する場、

その懸け橋が、Farm&kitchenへへへさんなのです。

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

たとえば麦茶づくり。

火加減を調整しながら、大麦を炒って、オリジナルの麦茶を作ります。

from Farm&Kitchen Blog
from Farm&kitchen Blog

 

ほかにも味噌づくり、

漬物づくり、

薪づくりなどなど。

 

堅苦しい講釈なんかは抜き、

こうでなければなどの強制も抜き、

のんびりとやる「学びの場」です。

失敗だって当たり前、

作っていく過程を楽しみましょう。

 

各種農業体験
麦茶づくり、味噌づくりなど FB等で告知します
参加費はイベントにより異なります

 


 

取材の日は雑穀が実りを迎えていました。

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

 

 

 

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

自分も楽しめて、人や地域にも貢献できて、

そして毎日「へへへ」と暮らしていきたい。

 

私たちの暮らしと正面から向き合う真摯な姿勢が人柄からも農場からも伝わってきました。

 

Farm&kitchenへへへさんのお野菜、

かわねや常陸大宮店さんでも横倉さんの野菜として販売されています。

直接販売もしていますので、Facebook等でご確認ください。

 


 

・Farm&kitchenへへへ

・住所 茨城県常陸大宮市上小瀬4626

・電話 070-2179-6043

・Facebook Farm&kitchenへへへFacebook

・ブログ Farm&kitchenへへへ
map

 

「マル」から始まる成長、こどもアトリエMARU。

常陸大宮市辰ノ口、

こどもと一緒にまなぶアトリエ空間、こどもアトリエMARUにお邪魔しました。

 

辰ノ口の風景に現れる建物。

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

モダンですが、

周囲の景観に不思議と調和したアトリエ。

 

そして中も広々。

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

「こどもの美術教室」と伺いましたが、

この本格的なアトリエ。

 

それもそのはず、

実はこの空間、

画家であり、

明星大学教育学部の教授でもある野沢二郎先生のアトリエなのです。

(アドバイザー(お父ちゃん先生?)としても、MARUに関わり、時々作業なども手伝っているそうです)

大学に出かけている平日を使ってアトリエを教室として開放されているのです。

 

講師は奥様の野沢由美先生。

武蔵野美術大学卒業後、文具デザイナー、県立高校・中等教育学校の美術講師などを経て、「こどもアトリエMARU」を開設。

 

 

「こどもアトリエMARU」は、美術と教育に造詣の深いご夫婦がこどもたちの成長を願って設立した教室なのです。

 

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 


 

こどもアトリエMARUの対象は小学1年生から6年生まで。

ですが、私たちが思い浮かべるようないわゆる絵画教室ではありません。

 

そもそもはお子さんに「絵をかくこと」、「何かをつくること」をおもいきり楽しんでほしいとはじめました。

 

遊びの中から学んだり、自然の中から学んだり、

作りとげることで達成感を得たり自信が持てるようなったり、

友達と作品を作ることでお互いを認め合ったり、

こどもの成長に寄り添っていくアトリエなのです。

 

だから題材も様々。

 

ザリガニを捕まえてきて絵にしたり、

周りの花や草を描いたり、

 

 

段ボールカーやねん土などなど。

こどもたちの作品の数々。

 

 

お預かりした写真を見ているだけでも、わくわく楽しくなってきます。

 

「自由な発想でのびのびと」、

「ひとりひとりの個性を大切に」、

よく耳にするフレーズですが、

いつの間にか決まりきった色づかいになってしまったり、

アニメやキャラクターの影響を受けたりと難しいものです。

 

こどもたちそれぞれ味のある作品。

目の前にあるものをよく見て、

頭に浮かんだ自分の気持ちをしっかり見つめて、

試行錯誤して一生懸命に作ったものだというのが伝わってきます。

 

そして、

入念に計画を立て、事前準備をし、

現場では子供たちの反応を見て、それぞれの目標へ導く、

教育のプロ指導者が支えているからこそ、

それぞれの個性、力が引き出せるのだと感じました。

 

教室は、

水曜または木曜の16:45-18:30。

(水曜・木曜の内容は同じです)

それぞれ10名程度の定員ですので、若干名募集です。

 

こどもアトリエMARU 水曜教室 または 木曜教室
年間42回実施予定
入会金/ 2,500円(クレヨンセット、絵具セット含む)

2年目以降は年度初めに1000円

月謝/ 4,000円 (兄弟2人目は3,500円)

材料費は別途徴収

 


 

ところで、

MARUという不思議な名前が気になっていたのですが、

由来がリーフレットにありました。

生まれて1年、やっとひとり立ちして歩けるようになったこども。言葉はまだまだ話せません。とても不思議なことに、そういうこどもが「絵」のようなものを描き始めます。その絵は、たたきつけるような点やグチャグチャの線です。こどもはそのようななぐり描きをうれしそうに続けます。そうして、ぐるぐる回るような線が現れ、こどもの手がだんだん自由に動くようになり、2歳を過ぎたころ、紙の上の線はぐるっと回って、はじめの場所にきれいに戻ってきます。それは「マルの発見」とも呼ばれるほど大きな出来事です。その時、こどもはマルを「生きているもの」と考えるのでしょうか。時にはマルを「おかあさん」などと呼びながら描きます。しだいにマルの中に目のような二つの点が現れ、足のような2本の線が生え出します。こどもが人間の絵を描き出します。

~こどもアトリエMARU リーフレットより

 

絵が上手になることが目的ではありません。

こども自らが「発見」を積み重ね、

こどもの心の中に大切なものが育っていくのです。

 

小学生のお子様をお持ちの方、ぜひご相談ください。

 

by daigo-omiya.com
MARUくん by daigo-omiya.com

 

 


 

DATA

・こどもアトリエMARU

・営業時間 水曜・木曜 16:45-18:30

・住所 茨城県常陸大宮市辰ノ口2262-2

・電話 0295-52-0254

・Facebook こどもアトリエMARU Facebook

 


menu

menu 月謝
水曜教室 または 木曜教室  年間42回実施予定 4,000円※
ハロウィンやクリスマスなどイベントもあります

※入会金2,500円(クレヨンセット、絵具セット)、2年目以降は年度初めに1,000円。材料費は別途徴収します。

 

map

 

農家×料理人!「笠間の食材を訪ねて」、雪村庵。

 

お客様、生産者への思いを大切にする常陸大宮のフレンチレストラン、雪村庵

 

from sesson-an
春のおもてなし、雪村庵 記事へ
from sesson-an
フレンチで極上の癒しを 雪村庵 記事へ

 

その雪村庵さん、この10月に笠間の野菜とコラボします。

 

0001

 

笠間と言えば栗が有名ですが、そのほかにもたくさんの豊かな食材があります。

 

今回は

・飯村きのこ園さんの舞茸

・岡野日雄さんの柿

・湯崎栗園さんの栗

・いこまらいすせんたあさんの米

・深谷果樹園さんのブドウ

を使用予定。

 

読みにくい方はこちら笠間で広まる農家×料理人コミュニティvol.2PDFで。

 

それぞれが、食材に思い入れのある生産者さんたち。

 

~ 人と人とを紡ぐ 食で感動を サービスで癒しを ~

これは雪村庵さんのテーマですが、

今回は笠間の食材・生産者さんとわたしたちをつないでくれます。

 

食事会が開催されるのは10月15日(土)17時より。

0008

笠間の食材を訪ねて… ~生産者さんと共に歩むAutomne(秋)~
笠間の生産者と雪村庵のコラボ
8000円(税別)

当日はご予約制

残り15名様となっております(9月23日現在)。

地元常陸大宮、笠間のみなさん、

秋の行楽でお出かけのみなさん。

 

茨城の豊かな食材と、雪村庵さんのおもてなしをお楽しみください。

 


 

DATA

・雪村庵(せっそんあん)

・営業時間 ランチ 11:30-13:30(LO)  15:00(close)

ディナー 18:00-20:00(LO)  22:00(close)

・定休日 月曜日、第2、第3火曜日

・住所 茨城県常陸大宮市下村田150-1

・電話番号 0295-53-0330

・ホームページ 雪村庵HP

・Facebook 雪村庵Facebook


menu

※10月15日(土)の食事会は上記別メニュー、要予約です。

コースメニュー  (季節によって内容は異なります) 税別
ランチAコース ※平日限定 2,300円
ランチBコース プラス生パスタなど 2,800円
ランチフルコースA 3,500円
ランチフルコースB フォアグラ、鮮魚料理2種、お口直しの氷菓子など 5,000円
ディナーフルコースA 6,000円
ディナーフルコースB (フォアグラ・和牛) 10,000円
ディナーフルコースC (フォアグラ、和牛、アワビ、オマール海老) 15,000円
ディナーフルコース (厳選した食材を集めた14品フルコース) 20,000円
その他 ご法要、お食事会など最大28名様 ご相談ください

※満席の場合もございますので、ご予約がおすすめです。

 

Map

 

 

 

まるしんドライブイン、夏メニュー!

 

旧山方町、久慈川を見下ろす絶好のロケーション。

常陸大宮市舟生のまるしんドライブイン

常陸大宮市B級グルメ選手権受賞作、「けんちんうどん」は年間を通して人気です。

「けんちんうどん」は下の写真をクリックして過去記事へどうぞ。

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

今回は夏メニュー特集

続きを読む まるしんドライブイン、夏メニュー!

春のおもてなし、雪村庵。

常陸大宮市下村田のフランス料理、雪村庵(せっそんあん)

~ 人と人を紡いで 食で感動を サービスで癒しを ~

本格フレンチですが、堅苦しいかしこまったレストランではありません。

 

日本庭園の中でゆったりとした時間とおもてなし、極上の料理を提供しています。

マナーが不安なんて方も大丈夫、お料理はお箸でいただけます。

 

うかがうたびに、スタッフ皆さんの親切でていねいな対応、

お客さまや生産者への思いが伝わってくるお店です。

 

前回の記事は下記からどうぞ。

from sesson-an
写真クリックで前回記事へ from sesson-an

 

そして、マダムの藤さん。

この2月、「第10回HRSサービスマンコンクール2016」に茨城県のサービスマン代表として出場しました。

料理のみならず、お店全体でお客さまをもてなそうと常に精進する姿勢。

さすがにおもてなしの雪村庵さん、感服です。

from sesson-an
HRS Service Competition  from sesson-an

 


その雪村庵、

待ちわびていました春メニューがそろいました。

カモやいちご、ズッキーニを使ったお料理。

from sesson-an
from sesson-an
from sesson-an
from sesson-an
from sesson-an
from sesson-an

 

どれも美しい!

目移りしてしまいます。

 

春のコース料理の品々。

写真をたくさん提供していただきました。

各お料理、詳細はお尋ねください。

芸術品のような料理の数々。

すごいインパクトです。

 

オーナーシェフの確かな料理と

雪村庵のホスピタリティを求めて、

茨城県各地からだけでなく、県外からもお客さまがたくさん訪れます。

 

まだ未体験の方も、

ぜひ、雪村庵さんに訪れて、ゆったりとした最高の時間をお過ごしください。

 


 

DATA

・雪村庵(せっそんあん)

・営業時間 ランチ 11:30-13:30(LO)  15:00(close)

ディナー 18:00-20:00(LO)  22:00(close)

・定休日 月曜日、第2、第3火曜日

・住所 茨城県常陸大宮市下村田150-1

・電話番号 0295-53-0330

・ホームページ 雪村庵HP

・Facebook 雪村庵Facebook


menu

コースメニュー  (季節によって内容は異なります) 税別
ランチAコース ※平日限定 2,300円
ランチBコース プラス生パスタなど 2,800円
ランチフルコースA 3,500円
ランチフルコースB フォアグラ、鮮魚料理2種、お口直しの氷菓子など 5,000円
ディナーフルコースA 6,000円
ディナーフルコースB (フォアグラ・和牛) 10,000円
ディナーフルコースC (フォアグラ、和牛、アワビ、オマール海老) 15,000円
ディナーフルコース (厳選した食材を集めた14品フルコース) 20,000円
その他 ご法要、お食事会など最大28名様 ご相談ください

※満席の場合もございますので、予約をおすすめいたします。

Map

くだものたっぷり春の新作、べつばら処ひまわり。

果物だけでなく、野菜など自然素材をふんだんに使う創作洋菓子屋さん、べつばら処ひまわり。

以前にご紹介したのは秋メニュー。

by daigo-omiya.com
クリックで前回記事へ by daigo-omiya.com

 

徹底して旬を大切にするべつばら処ひまわり。

季節メニューも春夏秋冬ではありません!

季節をさらに細分化、16シーズンです。

 

今回の撮影は3月末。

メニューが切り替わる場合もありますのでご了承ください。

 


 

まずこちら。

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

 

和ぱふぇ。

ピンクのチューブは桜シロップ。

さっぱりと香りのいい桜シロップをかけて食べます。

中身はあんこに、抹茶ムース、わらびもちなどなど複雑な味わい。

和の競演で贅沢!

かつ、しつこくなくさっぱり。

季節感も最高な一品です。

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

器もすてき、再利用できます。

和ぱふぇ
桜シロップ、あんこ、抹茶ムース、わらびもちなどもりだくさんパフェ
430円

 


 

つづいて

おひさまのタルト。

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

きれいなつやつやいちごは、先日ご紹介のおひさまのいちご園さん。

いちごの酸味とタルトの濃厚さが絶妙のバランス!

おひさまのタルト
おひさまのいちご園のいちごをたっぷり使った品
420円

 


 

 

もうひとついちご。

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

きれいないちごと練乳ゼリーの層。

いちごみるく
いちごジャムと練乳ゼリーにフレッシュいちご
370円

 


 

 

日向夏のタルト。

夏と名前にはつきますが、旬は3月から4月。

いちごとはまた違った力強い酸味と甘みがタルトと調和します。

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com
日向夏のタルト
宮崎県産日向夏を使ったタルト
380円

 


 

 

 

 

by daigo-omiya.com
by daigo-omiya.com

エボニー。

エボニー=黒檀。

中はチョコムースとラズベリーソース。

 

色合いにこだわりが感じられる小さな宝石です。

エボニー
チョコムースの中にラズベリーソース
420円

 


 

最後にロールケーキを2種。

旬のデコポン。

ロールケーキに使われるデコポンが甘みのアクセントになっています。

もう一つはみやび。

天津甘栗の入った抹茶ロールです。

 

デコポン
和歌山県産のデコポン使用
340円
みやび
天津甘栗の入った抹茶ロール
360円

 


 

 

そのほか、

店内は焼き菓子なども。

ランドセルにお菓子の詰め合わせ。

新入学のお子さんへもよさそうです。

 

DATA

・べつばら処ひまわり

・営業時間 10:00-19:00

・定休日 水曜日

(仕込み等の不定休あり)

・住所 茨城県常陸大宮市中富町1005-2

・電話番号 0295-53-6233

・Facebook べつばら処ひまわりFacebook

 

menu

詳細メニューは、シーズンごとに異なります。

上記記事と下記の価格帯を目安にしてください。

menu 価格帯目安
シュークリーム、ケーキ類 180円~450円
デコレーションケーキなどのご予約はご連絡ください

Map

 

キネシオテープ貼りますよ、いずみ腰痛センター。

以前にもご紹介した常陸大宮市泉のいずみ腰痛センター

気さくな人柄と確かな施術で、老若男女たくさんの方の支持を受けています。

by daigo-omiya.com
写真クリックで前回記事へ by daigo-omiya.com

 

基本のカイロプラクティックですが、

キネシオテープも貼っちゃいます!

 

キネシオテープとは、

関節を固定せず、あくまでも筋肉の保護、サポートを目的とした、日本生まれのテーピング法です。

(ちなみにキネシオは、人間の体の動きを研究する学問、キネシオロジーに由来します)

from izumi-yotsucenter
from izumi-yotsucenter

自然治癒力を促す効果、

疲労の回復効果もあり、

スポーツ界をはじめ、世界中に愛用者がいます。

 

キネシオテープを使って筋肉の伸びを制限することは、

痛みの緩和と予防、

筋肉の過剰伸展を防ぐことは、怪我の防止にもつながるのです。

 

ですから、

部活等スポーツの場面での痛めた個所の治癒や再発予防に最適です。

また、スポーツでのけがは再発不安がつきもの。

痛みの恐怖がやわらぎ、思い切ったプレーが可能です。

 

 

テーピングと聞くとスポーツをしない人には無関係と思うかもしれませんが、

・昔、怪我したところがときどき痛む。

・仕事で腰を痛めそう。

・ひざがちょっと不安。

など、体を使う仕事やちょっとした日常生活でも動きをサポートしてくれます。

 

スポーツだけでなく、日常の動きを軽やかに、明るく健康にしてくれるのが、キネシオテープなのです。

 

施術例はこちら。

from izumi-yotsucenter
from izumi-yotsucenter

 

※上記写真は分かりやすくカラーのテープを用いていますが、実際は肌色のテープを使用します。

 

なんだか見ただけで、動きが楽になりそう!

 

 

キネシオテープってよさそうだけど、

やはりカイロプラクティックもというお客さま。

 

カイロプラクティックにキネシオテープの施術が追加される形での導入になります。

コース料金に変更はありません。

つまり、実質無料。

院長さんのよりよい施術を求める姿勢が伝わってきます。

なお、2回目以降、キネシオテープのみを希望される方は、500円になります。

 

また、キネシオテープが合うかどうか心配な方も大丈夫。

 

いずみ腰痛センターでは、ていねいな問診が身上。

患者さんの状態にぴったりの最適の施術を選んでくれます。

 

初診の方は、

当サイトを見たと予約時に言っていただければ無料に!

 

なんとなく体が不調という方も、

キネシオテープに興味のある方も、

どうぞお気軽にご相談ください。

 


DATA

・いずみ腰痛センター

・営業時間 8:30-12:30  14:30-19:00

・定休日 木曜日・祝日、第1・3・5日曜日

・住所 茨城県常陸大宮市泉541‐207

・電話番号 0295‐52‐4274

・ホームページ いずみ腰痛センターHP

・Facebookページ いずみ腰痛センター

 

menu 予約制ですのでお電話(0295-52-4274)をお願いします。

menu
キネシオテープ 下記カイロプラクティックコースに込み。
カイロプラクティックコース 通常コース 4,000円
カイロプラクティックコース 小中高生 2,000円
ほぐしコース ちょっとお疲れ気味の方 2,500円
レッグラインコース O脚、X脚が気になる方 5,000円
フェイスラインコース あごやほお骨が気になる方 5000円
初診料 ★「大子・常陸大宮.コム見た」で無料! 2,000円

map

常陸大宮118号パイパス、旧道、どちらからでも電柱看板も出てます。

第30回ピジョン赤ちゃん誕生記念育樹キャンペーン参加者募集

ピジョン株式会社は「育児と育樹、心は同じ」 のスローガンのもと赤ちゃんの誕生を記念して、 「ピジョン美和の森」(鷲子地内)で植樹活動を実 施しています。  第30回の実施にあたり参加者を募集します。

○応募資格 平成27年1月1日から12月31日に誕生した赤ちゃんとその家族

○募集期限 平成28年3月31日

○申し込み方法 キャンペーンサイトの応募フォーム

続きを読む 第30回ピジョン赤ちゃん誕生記念育樹キャンペーン参加者募集